Copyright (C) 2016 Hairdressers DAF All Rights Reserved
  • DAF

DIY 店舗内装 2!出来る所は全て自分で作っちゃう@DAF HAIR Chigasaki

最終更新: 2019年12月25日


みんなさんこんにちわ。

DAF オーナー兼スタイリストのダイスケです。

前回は物件が決まるまでをだらだら書きました。

大して面白いことも、良い情報もない記事になりましたが興味があるならここをポチッとクリック

ではこの出店までの工程をまた記事にしていこうと思います!!

episode 2 契約から破壊へ

なんかものものしい見出しになってしまいましたが・・・

前回物件が見つかった所まで書きましたが契約はもう少しに先になります。

なぜかと言うと、契約してしまうとお金が発生しますよね?

そして契約前にやることが一杯あるのです。

むしろ契約前に何をするのかが一番大事かもしれません

工事が始まるともう辞めること、後戻りすることできませんからね

ホームページやチラシ作成や名刺、ポイントカードなどの作成なんて正直オープン後でいくらでもやれますから。

物件は動くことも、変えることも後からできないので、本当にここの物件で商売を始めるために、調査やデータ収集、必要経費など事前に計算、精査する必要があります。

まあでもこのブログはこれから独立される方へのブログではないので簡単に触れられれば良いかなと思います。

( 僕自身、経営者としては半人前なので教えれる事なんてないですけどね 笑 )

僕の場合はこうでした!

まず不動産屋に契約をできるだけ先延ばして待ってもらう事です

この間に一気にやる事やります

そのやる事とは

1 内装業者に見積もりをだしてもらう( できるだけ多くの業者に)

2 地域の雰囲気やどんな人が住んでいるの、店前の歩行者はどれくらいいるのか( 朝、昼、夜など時間別に )

3 車のはどれくらい通り、また車からどの様にお店が見えるのか?

4 地域のライバルになるだろうと思われる美容室をスパイしにいく

などなどです。

正直今になってみると自分もまだまだ全然調査が甘かったなと思うところが多いですが・・

こんなことをしているとあっと言うまに日にちが経ってしまうものです

それを踏まえた上で、この物件を契約するか最終判断をします

僕は自己資金も少なく、業者にお願いするときに数社にお願いしましたが、自分の希望するイメージを伝え、比較的にお金がかかりそうな希望をA社に

全く費用をかけないで、使えるところは手を加えず内装費を極力抑えた仕様をB社に

その間くらいの感じをC社に

みたいな感じで物件を現地調査していただきました。

僕だけかもしれませんが、問い合わせしたのにその後連絡をよこさないふざけた業者もいましたし

現地調査に来たのに平面図も見積もりも全く送って来てくれない怠慢な業者もいました

ただでも時間ないのに 怒

こんな使えない業者もいるみたいなので、物件が見つかったらちょっと多めに業者にアポをとってもらった方がスムーズに行くと思いました。

業者により平面図も見積もり書も出し方が違いますが、かなり参考になります。

全社からもらった見積もり書を良くみて、比較、調査して行くと色々なことがわかります

解体費や材料の値段など業者によって金額がまちまちなんですよ

まあそして金額を見るとびっくりです

まあ高い 本当に高いんです

テナントの内装なんて所詮ハリボテのテレビのセットみたいなものなのにちょっと凝った物を使うと一気に金額が跳ね上がります

簡単に作ってもかなり良い金額になります

調べたところ、基本的に美容院の坪あたりの内装費は他の業種に比べて高いそうです

まあそうですよね、明かりとテーブルとちょっと設備だけで済む事務所とかではないですからね

デザイン的にもある程度のものは必要ですし

シャンプー台などの設備も必要ですから

だいたい最低で坪30万ほどかければシンプルな簡単な感じのお店に( ダサいとか、悪いと言うわけではないですよインテリアなどでかっこいい感じにできればそれはそれで良いのですから、オーナーのセンスの見せ所ですね)

40〜60万くらいかければかなりラグジュアリーな感じに

それ以上だと高級店!

みなさんどう思いますか?

11坪の僕のお店だと最低ラインで内装だけですよ!

シャンプー台やら、セット面、鏡、椅子、その他のインテリアや細かな雑品など抜きで330万もかかります

物件探してる間に僕なりのお店のコンセプト、目標売上、自分の夢や、どう言う仕事をしたいかなど考えていましたから

その僕がやりたいお店にこの物件がふさわしいのかなどを照らし合わせ考えたところ

内装にお金をかけて、お客様に使う薬剤がお粗末な物になってしまったり、広告費がなくなってしまっては意味がないので・・

僕はここで決心します

よし自分で作ろう

僕の地元の友達は建築関係の方が多いので友人の力を最大限に作れば業者に頼むより格安で良いものが作れるだろうと

そして自分自身、まず建築系のお仕事の経験も少しありましたから

なんとなくですが上手く作れる様な気がしてましたので

まあ見切り発射的なところもありましたが、物件を契約し工事に入って行くことになりました。

まずは手書きで自分で平面図を書いてそれを元に工事の工程を決めて作業に入っていきます

僕のプランではまず天井からペンダントライトやスピーカーを吊るして天井を高くしたかったので天井を破壊するところから作業が進みます。

解体作業前はこんな感じでした

天井に穴が空いてますよね?

ここの白い天井部をぶっ壊すと45cmくらい天井に高さを持たせられます。

天井が高いと開放感がでて良い感じになりますもんね?

ただし今まで、ずっと隠された部分なのですごく汚いです。

ホコリまみれだし、さらに見えない場所なので電気のコードなどがめちゃくちゃになってます

通常はこのコードを綺麗にしたりするのにものすごくお金がかかるみたいです。

電気屋さんの仕事で、素人には手が出せない部分でもあるので業者の言い値になってしまうみたいなので

僕はDIYで施工費を少なくする前提だったので手を出しました。

ちなみに内見に来た時は、まだ前の借主の荷物がこんなにぎっしり

そしてこんな感じに破壊 破壊 破壊 !!

どんどんぶっ壊していきます!

目につく不必要なものをもっともっと壊していきます

天井も無くなってゴミの山ができました、ちょっと右に見えてるのがこれから壁などの造作物の材料ですね

はい解体完了です ゴミの山とのツーショット あっこれ僕ですどーも〜

2人で壊して4日間くらいで終わりました。

いあや壊すだけでも一苦労です、良い筋トレになりました

ただ作るより、壊す方が楽なのでこの時はまだこれから待ち受ける地獄にまだ僕は気づいていません 笑

こんな感じで中が空っぽになったところで次から作る系の記事にようやく入っていけると思います

一緒に壊してくれた人が今後一緒に、お店のデザインや色々な僕ではできない難しいところを作ってくれたり、アイデアをくれたりしてくれました。

N氏としておきますが、N氏は大工さんです。

とても腕の良い良心的な大工さんなのでこれも興味がありましたらここをクリックしてみてください。

N氏のホームページへ飛びますので!

もちろん施工実績として僕のお店も出てますが、基本はお家を作るプロなのでこれから家を建てたい人、リフォームを考えてる人はチェックしてみてください!!

今までの施工したオシャレなお家とかも出ていますので

今回はここまでです

また

#お店作り #いろんな情報

1,319回の閲覧