• DAF

いつものカラーにワンランク上のデザイン性を持たせよう!

最終更新: 2019年12月25日


皆さんこんにちわ!

今回の記事ではカラーについて軽く紹介していきます!

当店、『HAIRDRESSERS DAF 湘南・茅ヶ崎』のメニューの中にもあります、ハイライト・ローライトについての紹介です!

ハイライト・ローライトとは皆さんはわかりますか?

簡単に言うとメッシュのことです!

通常メッシュを入れてと言われると、僕たち美容師さんはブリーチを使用しかなりの高明度に筋状にメッシュを入れることが普通になっています。

ハイライト・ローライトってなると、ヘアダイを使用しベースの色から2〜3トーン明るい色を筋状に入れるスタイルはハイライト!

逆に2〜3トーン暗い色を入れる場合はローライトなんて呼びます!

その両方を入れる場合もあるので、特にこれがハイライトだ!なんて決まりはありません。

またデザインカラーや3Dカラーなんて呼ばれたりすることもあります!

また、ハイライトではないですが、耳寄り下の襟足の毛だけを染めるなどのインナーカラーや、毛先に向かって明るくしていくグラデーションカラーなんて染め方もあります。

そしてさらに、今紹介した染め方の複合技でカラーデザインを作る場合もあります。

今回はその中でハイ・ローライトの紹介をしていきます!

こんな感じに髪の毛を筋状に取り分けて、このアルミを使い層にあるように何枚も重ねていくことでハイライトを入れていきます!

そうするとこんな感じの外国人的なこんな感じのヘアカラーを作ることができたりします。

この方達の場合は、ブリーチでブロンドヘアーを作っています。

以外とみなさん知らない方が多いのですが、外国のブロンドヘアーの白人の方達のほとんどの人が染めています!!

はい、本当です!

僕も、多くの人が地毛がブロンドカラーだと思っていました。

でも、自分が海外で働いていた時にこの事実に気がつきました〜

ほとんどの方が、こげ茶〜明るい茶色ぐらいが地毛の色です

やはり、綺麗なブロンドは白人さんにも憧れが強いらしく多くの人が、髪を染めてブロンドヘアーにしています。

そして、日本人のようにカラーを刷毛で全体に塗ることは、カラーの最後にブロンドカラーの色を整える作業の時にするくらいで

毎回のお手入れは、毎回メッシュを入れる!

そのため、何度もブリーチされた所や、数回しかブリーチされていない場所なんかが、筋状に層になって自然な陰影を出すことがより自然な感じと、柔らかさを出すのです。

ブロンドにも実は色々と色があります?

例えば、シルバーブロンド・プラチナブロンド・オリーブブロンドなどなど

こんな色を作る時には、ヘアダイを使ってブロンドに色味を少し足して作っていきます

日本人の毛質、またメラニンの量などから、白人と日本人では比べることができないのですが、ハイライトを入れることで柔らかな自然な陰影を作り、髪に表情を与えることが出来る事は変わりません!

日本人場合はこんな感じがわかりやすかな?

わかりやすく!わりかしはっきりとわかるハイライトの画像です。

こんなに明るくない暗めのトーンでも効果ははっきりと感じることができます。

逆にローライトの場合はあまり派手になることがないので、落ち着いた感じにされたいのであればローライトが良いと思います!

また、ベースの色が明るい場合などもローライトを入れることにより、少し全体のトーンを落とすこともできます!

このハイ・ローライトなのですが、毎回髪を染めるたびに入れる必要はありません。

少しずつ伸びて実際にはハイ・ローライトの部分が下に下がってきてしまうのですが、実際はそんなに気にならないので、たまに時間に余裕があるときなどにやる方が良いと思います!

これは、いつものカラーがおしゃれ染めをされてる方でも、白髪染めをされてる方でもできます。

どんな人でも出来るので、いつものカラーにプラスして1ランク上のおしゃれカラーはどうでしょう?

入れる量や、本数などで料金は変わるので気軽に相談してください!

当店では、いつものカラーにプラス数本程度なら¥1000〜からやっています。

全頭、細かいメッシュで最大で¥9000になります。

入れる細かさや量により、時間の方も変わってくるので事前に合わせてお問い合わせください!

ではまた

#ヘアカラー

56回の閲覧
Copyright (C) 2016 Hairdressers DAF All Rights Reserved