• DAF

『おもてなし認証』取得店!美容室ダフ湘南・茅ヶ崎!

最終更新: 2019年12月25日


おはようございます!

当ブログの管理人兼『美容室 ダフヘアー 湘南・茅ヶ崎』のオーナー兼スタイリストの3役をしていますダイスケです。

今回のブログではつい先日取得した『おもてなし規格認証』について書いていこうと思います。

この『おもてなし規格認証』とは経済産業省が創設したちゃんとした物なのです。

こんな事が書いてます!

サービス品質を「見える化」する登録制度を活用しませんか?

経済産業省が、国内のサービス事業者のサービスの品質を「見える化」するために『おもてなし規格認証』を創設しました。

顧客・従業員・地域社会の満足度を高めるための取り組み30項目をチェックし、各認証において必要な基準を満たす事でマークや登録証または認証書を取得できる事ができます。

要するにこんな事を経済産業省はしたいのだと思います。

国内のサービス産業は日本のGDP(国内総生産)70%を占めています。

このサービス産業(僕の場合は美容院)地域の雇用を生み出し、地域に住む人達の暮らしを支える経済の柱です。

地域経済、そして日本の経済発展には、サービス産業の活性化と生産性の向上が必要になります。

しかし、サービスは「その場で・その人だけ」が受ける1度きりの目に見えない物です。

このために事業者が高品質なサービスを提供をしても、目に見えない物だからその付加価値として価格に転嫁しずらい現状にあります。

日本全体のサービス産業の底上げをしたいのならば、高品質なサービスに対してそれにふさわしい評価が受けられる制度的な枠組みが必要です。

そこで今のこうした現状を改善し、サービスの品質を「見える化」するための規格認証制度として『おもてなし規格認証』が誕生しました。

これまでの日本政府の検討を踏まえ、民間企画としての運用を通じて、本制度は日本のサービス産業と地域社会の活性化を推進していきます。

ほぼ原文そのままですが、ちょっと分かりやすく解説して見ました。

この『おもてなし認証』なのですがこの名前

そう 『お・も・て・な・し』

東京オリンピックです!

2020年の東京オリンピックへ向けて海外から旅行客にこの認証制度を広める事で安心して日本のサービスを提供する店を利用してもらい、経済を活性させたいという狙いがあるようです。

そしてこの認証を取る事で国からこんな優遇を受けれるみたいです

・IT導入の補助金

・公的機関からの低金利での融資

・公的融資

なんか難しい事がいっぱい書かれていますが、この認証を取得する事で国から色々と受けれる優遇があるって事ですね。

ただしこの『おもてなし認証』なのですがランクが実はあります!

(参照 https://www.omotenashi-meister.or.jp

この色分けがランクになります!

そしてこの色別の認証を取るためにはそれぞれで条件を満たす必要があります!

この中で唯一、無料で取得できるのが紅色認証になります。

紅認証

<サービス向上の取組に意欲的なサービス提供者>

定められた規格30項目のうち15項目以上が該当していることの自己適合宣言が必要です。

☆取得費用 無料

金認証

<お客さまの期待を超えるサービス提供者>

定められた規格30項目のうち「既に実施している取組」が15項目以上該当する必要があります。

☆取得費用

審査料 ¥20000

認証料 ¥10000

4月から3月で1年で2年ごとに更新・認証が必要です。

更新料 ¥10000

・紺認証

<独自の創意工夫が凝らされたサービス提供者>

定められた規格30項目のうち「既に実施している取組」が21項目以上該当する必要があるほか、人材育成などの属人的サービスの品質向上に向けた取組を行っていることが必要です。

☆取得費用

審査料 ¥100000

認証料 ¥50000

4月から3月で1年で2年ごとに更新・認証が必要です。

更新料 ¥50000

紫認証

<お客様の期待を大きく超える「おもてなし」提供者>

定められた規格30項目のうち「既に実施している取組」が24項目以上該当する必要があるほか、人材育成などの属人的サービスの品質向上に向けた取組、業務効率化や顧客満足度向上のための独自の取組を行っていることが必要です。

☆取得費用

審査料・認証料 未定

更新料 未定

今回僕が取得したのは1番右の紅認証になります!

この紅認証が最も簡単に無料で取得できます!

僕のような中小企業や零細企業の個人事業者は、僕の取得した紅色認証で十分ではないでしょうか?

そして、上記に記した優遇を受けれるのは金色認証以上になるみたいです。

正直、まだ全国的にも普及していない認知度の低い認証なので、これにお金をかけるなら他の物に費用を投資したいと思ってしまいます・・・

まずは紅色認証から取得していき、IT導入補助金や融資などを受けたいのであれば順に上のランクの認証を取得していけば良いかな?と考えています。

この『おもてなし規格認証』を取得する事でこんなメリットを考える事ができます。

・経済産業省が目指すサービスの「見える化」をする事ができます!

・この認証を取得しホームページや店頭で認証マークを掲載したり、チラシや名刺などにも一緒に印刷する事で高品質のサービスを提供している・付加価値のありサービスを提供している、そして高品質かつ付加価値のあるサービスを提供したいと改善している・努力しているを「見える化」を行う事ができます。

・このマークを提示する事で、海外からの集客や、国内のからの集客・自社のサービス品質の向上を目指せます。

こういった認証は今後、主流となって行くのかもしれませんね?

今回、こういった認証を僕は初めて取得しました。

と言うよりも、初めてこう言った認証がある事知りました。

今回の場合は、たまたま証券マンの方から教えいただいた事によって知る事ができました。

今の世の中は情報社会です。

より広く情報を取得するためのアンテナを伸ばしておく重要性を感じました・・・

昨今、美容師もただ髪を切ってるだけではなかなか商売が成り立たなくなって来ている現状があります。

どんなに良い美容技術を提供しても、どんなに良いイメージをアピールしても、実際には会社またはスタッフ自体が自覚が低く、お店のホームページなどから読み取れる雰囲気や美容院のコンセプトなどと、実際に来店してみたらちょっと違った・・・

そんな事が起こり得ているのではないのでしょうか?

今まで書いて来た通りサービスは見えない物だから・・・

しっかりと情熱を持ってより良いサービスを提供しているのに、会社の規模や資本の差からどうしても中小企業はお店のブランディングや、集客にかける費用など、大きな会社と大きな違いが出て来てしまいます。

僕の様な湘南・茅ヶ崎で営業している本当に小さな美容院では企業と同じ様な経営は出来ないのはわかっています。

ですが、企業にはできないレスポンスの良さや、個人でやっているからこそできる柔軟性などで勝負してはいるのですが・・・

なかなかやはり目に見えないので、多くのお客様たちに当店の付加価値をお伝えするのは難しい事が多いと感じます。

まだまだ知名度のない『おもてなし規格認証』ですが、今後の普及に期待です!

今の時点でもこの世の中には色々な認証規格や世界基準の規格などもあります。

こう言った認証規格は最初は比較的簡単に取得できる事が多いみたいなのですが。

普及し一般的に周知されると、規格の重要性なども高くなり取得する事が難しくなる傾向があるみたいです!

まだまだ始まったばかりで簡単に取得出来る『おもてなし紅色規格認証』なのですが、もしかしたら今後は無料で取得できなくなる可能性もありますし、認証を受ける条件が変わり講習を受けなくていけなくなったり、試験を受ける必要が出る事も今後考えられます。

そうなると欲しいと思った時には認証のハードルが上がっていて、時間的にも金銭的にも難しくなっていた!

なんて事も良くありえるらしいので『おもてなし認証規格』に興味を感じたら早めに取得した方が良いかもしれませんね?

合わせて『おもてなし規格認証』の動画もアップしておきます!

今回は美容と関係ないお話になってしまいましたが、当店ではより良いサービスを多くのお客様に提供したいと考え、こう言った制度の認証などを取得しお客様へ少しでもわかりやすく、そして安心して来店していただける様に努力をしていきたいと考えています。

そしてこれから独立考えるサービス業の方たち、すでにお店をやられている方たちに少しでも情報をお伝えしたいと考え記事にしてみました!

生産性の低いと言われているサービス業

しかし僕たちの様なサービス業が日本を支えているのだから、お客様にもしっかりと僕たちの努力の付加価値を見極めてもらって来店していただける様に頑張って行きましょう!

今回はここまでです!

ではまた

#お店作り #いろんな情報

48回の閲覧
Copyright (C) 2016 Hairdressers DAF All Rights Reserved