• DAF

髪の赤みを漂白できるオイルカラー『エドル』に新色が出ます!

最終更新: 2019年12月25日


毎日暑いですね〜?

皆さん体調の方は崩してないですか?

ど〜も〜!DAF HAIRのダイスケです。

今回のブログは当店のおしゃれ染めで使用しているオイルカラー『エドル』に、新しい色が追加されるのでちょっとご紹介いたします。

まず初めにこの『エドル』カラーとは、従来の薬剤には出来ない事ができるカラー剤なのです。

何が違う事なのかと言うと、このエドルカラー には『シナジーオイル』と言う成分が含まれています。

このシナジーオイルの効果により、髪の中の色素であるフェオメラニンを破壊する事ができるのがエドルの最大の特徴だと思います。

フェオメラニンなんて言われても何のことやら?ですよね。

だからまず髪を染める時、髪にどの様な事が起こっているのかを簡単に説明します。

カラーリング中には2つの事が起きています。

まずは髪を明るくするための脱色作用です。

そしてそこにアッシュ系だとかブラウン系とかパープル系だとかの色を入れて行く染毛作用が起きています。

明るいカラーほど脱色するパワーが強く、暗い色ほど脱色のパワーは当然弱くなっていきます。

これはダメージの大きさも比例します!

明るいハイトーンほど髪への負担も大きくなり、暗い色ほど髪への負担は弱くなります。

髪を明るくするにはあなたの髪の色、日本人であるならば基本は黒色の髪をしてますよね?

その黒色の髪を脱色して希望の茶色まで明るくしないといけません。

その時に黒い髪のその黒色の原因がメラニン色素です。

メラニンが髪の黒色ならば、カラー剤の効果でメラニン色素を脱色してるわけです。

そしてそのメラニン色素は2つの種類があります。

1つはユーメラニン!

もう1つはフェオメラニンです!

ユーメラニンとは、褐色系の黒色から茶色の色をしています。

このユーメラニンが少ない方だと、ちょっと髪が茶色かったりします。

たくさんある人は真っ黒な髪の色!

フェオメラニンは赤色からオレンジ、そして黄色の色味を持ってます。

よくカラーをした直後は良いけど、褪色してくると赤みが出てきてしまうとか、染めても毎回赤味が強く出てしまうなんて人多いのではないでしょうか?

それはフェオメラニンの赤味が髪に多いからです。

何となくわかってもらえたでしょうか?

この2つのメラニン色素のバランスで髪の色が決まってくるんです。

そして今まではユーメラニンだけを破壊して、髪を明るくした所にカラー剤に含まれる色味を足して色を再現させていました。

これはこれで全然構わないのですが、褪色してくると入れた色味が抜けてきて髪本来の色味が出て来てしまいます。

この時の髪本来の色とは、すでに脱色されているので明るくなっただけの髪色が素の色ですよね?

色味は褪色して抜けていますから。

そうなるとフェオメラニンの色が邪魔になって来ます。

また、カラー剤の色味をを入れる事でアッシュ系だとかベージュ系の色を再現したくても、フェオメラニンが強い髪の場合、どうしてもそっちの色に偏ってしまいます。

そうなるとやっぱフェオメラニン邪魔なんです。

エドルはそのフェオメラニンを破壊できるカラーなので、褪色をして来ても赤味やオレンジ味なども出にくく、そしてフェオメラニンを漂白する事で狙った色を再現しやすい仕組みなってます。

そう!だからこのエドルカラーは良い感じのカラー剤なんです。

そして実際に染めた感じは、髪を染めた後なのに従来のカラー剤よりしっとり艶やかな質感になります。

ここも1つの特徴です!

オイルベースで作られているカラーなので、発色性も質感も良い意味でオイリーな感じですね。

今までのカラー剤は水性ベースです。

今業界一番人気のイルミナカラーは水性ベースのカラーになります。

当店でも使用していますが、このカラー剤も人気が示す様に凄く美しい色を再現します。

特徴は透ける様な透明感と、フワッと淡い発色です。

エドルは奥深い艶感と透明感を再現します。

この様に薬剤によって色々と違いがあるんです。

カラー剤を使い分ける事で、お客様の希望の色に出来るように当店ではしています。

長々と書いてしまいました、今回は新色の話でした・・・。

いよいよ本題です!

今回新しく発売される新色は、パール・ホワイトアッシュ・レッドになります。

そしてブリーチも新しくラインナップに加わります。

確か9月?10月?11月に発売されます・・・、曖昧ですいません。

パールとホワイトアッシュは寒色系の色ですね!

最近はずっと寒色系の色が流行ってます。

だから暖色系のレッドは僕もちょっと楽しみです。

基本的には日本人の肌色は暖色系のカラーに似合いやすいと言われています。

いつも寒色系ばかりで染めてる方、ぜひトライしてみて下さい。

違う発見があると思いますし、正直あまりサロンワークでもオーダーされる事が少ないので周りとちょっと違うカラーになれますよ!

パール・ホワイトアッシュは色的には薄い紫と青の事です。

色味的にはあまり濃い色ではないので、ダブルカラーで使うと面白いと思います。

シルバーカラーとかプラチナカラーなどの金属系の色にも使えそうですし、単純に白っぽくしたい方にはホワイトアッシュは最高の選択だと思います。

ダブルカラーの時に使うブリーチもエドルブリーチを使えば上記した様に、フェオメラニンを強力に漂白できるので、より良い色でダブルカラーをする事ができます。

ダブルカラーはベースの色をどこまで上手く作るかで、上から乗せるカラーの発色が決まって来ます。

出来るだけ余計な色味を消して白色に近ずけるほど、透明感も出ますし褪色後の黄ばみや赤味を抑える事ができます。

そうだからフェオメラニンの破壊できるって凄い大事なんです。

(参照元 https://www.lebel.co.jp

4枚目の写真なんかはダブルカラーをしてますね。

たぶん・・・あの白さを出すには1度のブリーチでは無理だと思いますが、2〜3回のブリーチをして、ホワイトアッシュ入れればあんな感じになるかな?

パールはちょっと良く分かりません。笑

あんまし際立った特徴がないのがパールなのかもしれません。

それか僕の勉強不足です。

発売されたら検証してみます。

レッドは上の写真はちょっと良くないですか?

下の写真はちょっと赤すぎてコスプレ的な感じがする気がしますが・・・好きな人にはたまらないかもw

これももしかしたらブリーチをしてからレッドを乗せて染めてるかもしれませんね。

ちょっと補足ですがカラー剤の特徴として、明るトーンほど色味が弱くなります。

そして逆に暗いトーンほど色味が強く発色します。

分かりやすく赤色の場合だと、6トーンくらいの暗い色だと赤味が強く発色し、極端に言うと真っ赤な感じになります。

逆に13トーンくらいの凄く明るい色に染めた場合は、赤味が薄くなりピンクぽい発色になります。

カラー剤の配合で色の濃さや、髪の明るさをコントールをするのは美容師さんの仕事なので、担当の美容師さんとしっかりカウンセリンして下さい。

またカラーと言うのは上記した様に、お客様一人一人の髪のもつ本来の色味は違います。

そしてその本来持つ色味に必ずカラーは影響してしまいます。

美容師はプロなのでだいたいの色味は予測する事が出来ますが、それは完璧ではありません。

やはり1度染めてみて、その結果を見てこのお客様は色が明るくなりやすいだとか、オレンジが強く出やすいなどの特性を知る事が出来ます。

だから、いつも同じ担当の方に施術をしてもらえることは最大のメリットです。

だってあなたの髪の特徴を誰よりも知ってるのはその担当してる美容師さんだからです。

初めて来店する美容室の場合、美容師とっても初めてのお客様になるのでカウンセリングはもっと大事になって来ます。

しっかりと納得が行くまで相談をして後悔のない施術をして下さいね!

今回はエドルの新色を紹介しました。

ほとんどがカラーの説明になってしまいましたが・・・、発売後はぜひ新色を試してみて下さい。

当店に来店されてるお客様には商品が入り次第、カウンセリングの時にでもおすすめしていく予定です。

ではここまで〜! またね〜!

#ヘアカラー

Copyright (C) 2016 Hairdressers DAF All Rights Reserved