Copyright (C) 2016 Hairdressers DAF All Rights Reserved
  • DAF

海の近くの小さな美容院DAF茅ヶ崎!最新のオイルカラー導入予定

最終更新: 2019年12月25日


どうも〜! ダイスケです。

ちょっと前にこのブログにて紹介しましたオイルカラーに進展がありましたので、またオイルカラーについて少し書こうと思います。

以前の書いたそのブログを読んでいない方はこちらです⬇︎!

オイルカラーについてのブログ

ざっくり前回のブログを振り返るとこんな感じです。

今度新しいカラー剤が発売されます!

そのカラー剤がオイルカラーと呼ばれる薬剤なんです。

この薬剤は今までのカラー剤とは大きく違い、もの凄く良いらしいのです。

何が良いかと言うと、髪へのダメージが軽減できる事・色持ちが良くなる・発色性が良い!

まあ、いつも良く聞くセリフの様な感じにはなってしまいますが・・・・

何にせよ今よりもっと良くなるのであれば、それは良い事ですからね!

前回紹介した薬剤は、多くの方も聞いた事があると思います、『ロレアル』ってメーカーの薬剤でした。

このロレアルさんは美容メーカーの老舗なので安心で素晴らしい商品を作る、僕も大好きなメーカーさんです。

ですが・・・、当店『DAF』では他のメーカーさんのオイルカラーを仕入れる事を予定しています。

『ロレアル』さんのオイルカラーをやめた理由は色々あるのですが、まずヘアダイ(カラー剤)には大きく分けて白髪染めとおしゃれ染めがあるんです。

基本的な構造は同じなのですが、ちょっとだけ違うところがあります。

超簡単に説明すると、

白髪を染めたい白髪染めはしっかりと白髪を染めたいから、色が濃く配合されていて明るくもできるがハイトーンには出来ない。

黒髪を染めたいおしゃれ染めは淡く透明感のある色にしたいから、色が薄く配合されていてハイトーンにも出来るけど凄く暗〜い色には出来ない。

こんな違いがあるんです!

前回紹介したオイルカラーは、このどっちもの性質を持った様な商品で、おしゃれ染めでも白髪染めでも薬剤の配合で上手く染めることが出来る!

みたいな感じだったんです。

ちょっと逆に中途半端だなと・・・。

来店されたお客様にも、「こんな新しいカラー剤入れます」なんて言ってしまいましたが、仕入れる薬剤は『Edol』エドルって名前の商品にしようかな?と考えてます。

ですがこの『Edol』はバリバリのおしゃれ染めになるんです。

オイルカラーの事をお伝えしたお客様〜「ごめんなさい!」

「白髪染めにも使えるよ!」って言っちゃいましたが使えないです・・・期待させてすんません。

ですが 希望もあります!

カラーの表を見てみると3トーンとか、ほぼ日本人の地毛の色と近いカラー剤もラインナップにあるので、カラー剤の配合次第では対出来るのかもしれません。

発売が2月のラストになるのでまだ情報が少ないので良くわかりませんが??

もしかしたらって感って事で・・・よろしくどうぞ!

まだ決定では無いですが、この『Edol』をメニューに加える場合は、今現在使用しているカラー剤の『イルミナカラー』を辞めようかなと考えています。

そうです! 『イルミナ』を『エドル』に入れ替えようと考えてます。

『イルミナ』はお客様からも、業界の評判ももの凄く良く、美容院のカラー市場を変えるほどの反響のあったカラー剤なんです。

確かにもの凄く透明感があり、外国人風カラーなんて呼ばれて一時期トレンドにもなりました。

今でもバリバリ現役のカラーなのは間違い何のですが・・・。

どこの美容院でもやってる様になってしまったし、僕自身がちょっと飽きましたね。

新しい商材を使ってドキドキしたいんです僕!

DAFのコンセプトである、最新かつ最高の薬剤を使って施術をしたいを実現するには、2メーカーの薬剤を仕入れると在庫を多く抱えなくてはいけないため、値段を安く設定する事が難しくなってしまいます。

経営者の私が悪いのかもしれませんが・・・・たった一人でやってる小さーいお店なんで勘弁してください。

またイルミナカラーを気に入ってくれてたお客様には申し訳ないですが、もしもカラー剤の変更があった場合はオイルカラーを試してみてください。

きっと気に入ってくれる商材だと思います。

まだ使った事もないのに、イルミナカラーに変わると良い感じだと思われるオイルカラー『Edol』について、次は書いていこうと思います。

(参照 https://www.lebel.co.jp/products/color/edol/

Edolのコンセプトは

気ままに、自由に。 感性のまま、色と遊ぶ。 動くたび、光を受けて透き通る。 明度にとらわれない、 目を奪われるほどの透明感。 「赤み」を消す。想像を越える。 プロフェッショナルの可能性をひらく。 カラーの新時代は、エドルからはじまる。

『Edol』エドルの名前の由来は『絵取る』と言う、昔の言葉から来ています。

絵取ると言う言葉の意味は彩る・彩色すると言う意味を持っています。

このエドルカラーは従来のカラー剤とは一味違う設計になっています。

シナジーオイルを処方する事によって薬剤の浸透力を高めた事により、カラー時の髪へのダメージの原因であるアルカリを抑える事で髪への負担が大きく軽減できます。

また今までアプローチ出来なかった、髪の赤みの原因であるフェオメラニンを強力に漂白をする事ができる様になったため、より透明感のある発色が可能になりました。

さらにシナジーオイルの効果で髪の深くまで染料を届ける事ができる様になりました、この効果により染料の定着がよくなりカラーの色持ちも向上し、さらにシナジーオイルのブースト効果によってトリートメントを定着させる土台も同時に作ります。

ちょっと難しいですね・・・。

このブログは美容師さん向けに書いている訳ではないので、皆さんにわかる様に出来るだけ噛み砕いて説明をします。

結果から先に言いますと『地毛の髪色をあまり気にする事なく綺麗な発色をさせる事が出来るカラー剤で、さらに髪への負担も小さく、トリートメントとの相性が良い』

そんなカラーが『エドル』な訳です。

なんでこんな事ができるのか?

それがオイルカラーと呼ばれる理由の、シナジーオイルってやつのお陰になるんですね。

綺麗な髪色に染めた場合、地毛に含まれるメラニン色素が邪魔になる訳です。

このメラニン色素はユーメラニンとフェオメラニンの2種類あって、エドルはフェオメラニンって言う今までは破壊する事が出来なかったメラニン色素を漂白する事が可能になった訳です!

この2種類のメラニンが持つ色は少し違っていて、ユーメラニンは黒色から焦げ茶色の色素を持ち、フェオメラニンは赤色から黄色の色素を持っています。

ほぼ全ての日本人はこのフェオメラニンが特に多く、この2種類のメラニンのバランスが人によって違い、その割合によってその人の持つ地毛の色が変わってきます。

今までは、ユーメラニンを破壊して髪色を明るくした所に色素を浸透させ発色させていました。

そのため、もともと地毛に含まれる赤味や黄ばみを取り除いてたのではなく、色を被せる事で狙った髪色に発色させていました。

例えば髪に赤味が出やすい方には、赤味を打ち消す効果のある色の緑色のカラー剤を補色として混ぜて染めたりしています。

上から打ち消す色を被せて狙った色に修正するイメージです。

この場合、染めた直後は元の赤味は打ち消されていて綺麗な色になるのですが、時間が経って色が抜けてくると赤味も姿を表してきてしまう訳なんです。

またはブリーチなどを使い髪の色を白に限りなく近づけてからカラーリングする、ダブルカラーなどをする事で地毛の色にとらわれずに色を入れたりしていました。

エドルは新処方によって、フェオメラニンを破壊する事が出来るため、日本人の特有の赤味を漂白し綺麗な発色を得る事が出来るカラー剤になるんです。

またシナジーオイルを処方した事で、薬剤が髪へ浸透する力が強くなっています。

このため、髪の奥深くまで色素を届ける事が出来るために従来のカラー剤よりも色持ちも良くなります。

簡単に書いたつもりなのですが理解出来ました?

僕もまだ使った事がないため、本当のところどの程度良いのかはわかりません 笑

でも、今書いてきた⬆︎のウンチクを読むとなんか良さそうでしょ?

美容師的にはフェオメラニンを漂白出来るってところが期待させてくれる1番の部分です。

赤味が強いと、どうしても髪って硬質でバサッとした感じに見えてしまいます。

そしてこの赤味が本当に厄介で、柔らかな質感の色に染めるのが本当に難しいんです。

エドルを使って淡くて柔らかな色に染めれる様になる事を期待したいですね。

メーカーHPよりサンプルがありましたので、こんな感じに出来ます!

上の写真はダブルカラーをしているので、ちょっと現実的ではないですが綺麗な色ですね。

下はオレンジ味のあるカラーで、モデルさんとの雰囲気もあってますね。

当店ご利用の皆様、2月末に発売なのでもう少しお待ちください。

また新しい情報が入りましたらブログにてお知らせいたします。

#ヘアカラー