• DAF

ハリウッド女優も使ってる超高級薬剤を仕入れてみたよ!『美容室DAF茅ケ崎』

最終更新: 2019年12月25日


ど〜も〜。

私事ですが、最近自分の美容師としてのモチベーションを上げるべく新しい薬剤を購入してみました。

新しい薬剤などを入れる事で、使い方を学んだり、成分について勉強したり、効果を検証したりなど、自分の美容師としてのスキルに何かプラス出来る事は楽しい事です!

とりあえず今はお客様に無料で試させて頂いていて、使用感や効果の持続性などのフィードバックをお客様から貰いその後にメニュー化するか考えようと思っています。

当店に来ていただいているお客様数人に実際に試してみたので、感想なんかを今回は書いていきますね。

今回ゲットした薬剤は『オラプレックス』と言う商品です。

こんな感じのお薬です!

白と黒のシンプルパッケージが見た目のお薬感がバリバリの薬剤です。

これは僕たち美容師が使う薬剤なので、パッケージをお客様が目に触れることは少ないと思います。

このパッケージデザインは美容師的には期待できそうな感じです。

いかにも『特別です!』て主張するようなデザインですね〜。

ではこの『オラプレックス』って言う薬剤は何が出来るの?って思いますよね。

ここが1番大事な所です。

『オラプレックス』は何と髪の強度を高める事が出来る素晴らしい商品なんです!

美容師からすると毛髪強度を高める事が出来ると良いことがいっぱいなんです。

もちろんお客様にも良い事がいっぱいですよ。

まずは、今までもの凄い髪へダメージを与えてしまうダブルカラーや、ブリーチを使ってのハイライト、ハイトーンのヘアダイ施述などのダメージを大幅に抑える事が出来ます。

どんなに綺麗な色へ染めたとしても、髪へのダメージが大きくなってしまうと髪自体が綺麗には見えなくなってしまいます。

例えばツヤが無くなってしまったり、バサバサな感じになったり、変な癖が出てしまったり、痛み過ぎるとビヨーンビヨーンになってゴムみたいになって切れてしまいます。

また髪へのダメージレベルが蓄積し過ぎると、カラー剤の染料の定着も悪くなり直ぐに色が抜けてしまう『褪色』が起きてしまいます。

ここまで来るともう綺麗には見えないし色持ちも悪いため、頻度を上げて全体を染めないと綺麗な色を維持する事も難しくなり、悪いルーティーンが続いてしまいます。

こんなダメージリスクを緩和又は、こんなダメージを受けてしまった髪の補修が出来るのが『オラプレックス』なんです。

そしてどんなメニューとでも相性が良くカラーリングはもちろんですが、パーマにも一緒に使えますし、サロントリートメントにも組み合わせて使えますし、もちろん『オラプレックス』だけでも使えます。

そして最初に言ってきます!僕が実際にオラプレックスを使った感想です、「めちゃくちゃ最高!」です。

ではそんな最高なお薬『オラプレックス』についてもう少し詳しく。

従来のトリートメントは皆さんもご存知の『シリコン』で髪の外側をコーティングする事で、髪にハリやコシを与えたり、艶感を出したりしていました。

『オラプレックス』はシリコンは入っていません、シリコンで擬似的に髪を補修するのではなく、髪内部の損傷に直接働きかけ補修することで毛髪強度を上げる事が出来ます。

シリコンなどでの補修と言うのは実際に髪を治している訳ではなく、指通りの良くなる成分や保湿成分を髪の内部に浸透させてから、外側をシリコンで皮膜コーティングする事で入れた成分を出難くし、上記したハリ・コシ・ツヤを与えながら持続性を持たせていました。

『オラプレックス』はちょっと違います!

髪の損傷部に働きかける事で、大げさに言うと髪のダメージをリセット出来ます。

ここが1番の違いであり、他の薬剤には真似のできない効果になります。

白髪染めと組み合わせて実際に使ってみたのですが、仕上がりはいつもよりしっとり・サラサラになりました。

このお客様は大体毎月1回来る方です。

白髪染めで根元だけ染めるリタッチを毎回するのですが、今回は『オラプレックス』を使用してのリタッチ染めです。

根元を塗ってから数分置き次に根元に塗った薬と少し余った薬を足して、毛先の方にコーミングしながらカラー剤を伸ばして少しまた置きました。

その後に薬剤を流してもう一度『オラプレックス』の処理をしてシャンプーしてトリートメントをして完了です。

ちなみに『オラプレックス』は2種類の薬剤を使います。

基本的にはカラーやパーマの薬剤を髪につける時に『オラプレックスNO1』を使い、薬剤を流す時に『オラプレックスNO2』を1使用する2プロセスです。

仕上がりはいつもの感じよりすんごい良くなりました。

写真がなくてごめんなさい・・・、見事に撮り忘れました。

体感はハリ・コシも出て艶感も良くなり、髪自体がゴワついていたのがキュッと引き締まった感じがしました。

少なからず今回カラーを施述したので絶対に髪に負担はかかっているはずなのですが、むしろ施述前より良い感じになってしまってます。

う〜んさすが『オラプレックス』!

今回仕入れたサイズは100mlの小さいサイズなのですが、これだけで実は1万円以上します!!

そう!『オラプレックス』は実は超高級な薬剤なんです!

お試しで以前から使ってみたかったのですが・・・、お値段が恐ろしくお試しで使うにしてもコスト的に二の足を踏んでいたのですが、今回思い切って満を辞して購入してみました。

この薬剤はアメリカで作られたのですが、ジェニファー・ロペスやグウィネス・パルトロウなどのハリウッドの女優達も使っているらしいです。

正直、美容室の経営者としては「ふざけんな!」と言いたいほど値段が恐ろしく高いのですが、実際使ってみてこれだけ効果を感じる事が出来るのならば納得出来ます。

そして他のお客様にも試してみました。

今度は写真あります。

ブリーチを使ってのハイライトを施述です。

もちろん高級なアイツを使って染めています!

今回のメニューは細かく、たくさんメッシュを入れていきました。

実験させていただいたお客様の毛質は細くて弱くて痛みやすい毛質です。

簡単に言うと痛みやすい毛質なため、慎重にダメージのマネージメントをして上げないと大変なことになってしまいます。

今回の様にブリーチを使用する場合は特にダメージに気をつけないといけません。

ブリーチは僕たち美容師が使う薬剤の中でもトップレベルで髪への負担が大きい薬剤です。

ハイライトの場合、薬剤を塗布するのにも通常より時間が長く掛かるので、ハイライトのため部分的ではありますが大きく髪へ負担をかけてしまいます。

こちらの女性は以前からハイライトやインナーカラーなどに興味があり、みんなとはちょっと違うワンランク上の髪色を希望されていました。

ですが上記した様にブリーチで脱色をすると髪へのダメージが大きくなってしまいます、そのために今まで普通のカラーリングをして来ていました。

『オラプレックス』と言う商品がある事を紹介し、髪へのダメージを最大限に抑える事ができるなら、商品を取り寄せて挑戦してみようとの経緯になりました。

施述中、僕も内心はドキドキです! 痛み過ぎるとチリチリになってしまいますからね・・・。

恐ろしい。

じゃ〜ん!完成です。

めっちゃ綺麗になりました!

ハイライトを入れた後にブラウン系のカラー上から乗せました。

ハイライト ON カラーのダブルカラーってやつです。

今回はハイライトの前に『オラプレックス』を使ってからブリーチを塗布してシャンプーしてから、その後にもう一回『オラプレックス』してからブラウン系のカラー剤を全体に塗布のプロセスを行いました。

それからまたシャンプー台に移動して、薬剤を洗い流してから『オラプレックス』のもう1つのプロセスをしてから、シャンプーそしてサロントリートメントで仕上げて完成です。

内部の損傷部を『オラプレックス』で補修をしてから、外部からサロントリートメントでさらに補修をするスペシャルバージョンで施述を行いました。

全然ダメージを感じさせないツルツルな仕上がりになりました。

ブリーチを使用した事でかなりヘビーなダメージを髪に間違いなく与えたはずなんですが、やる前より状態が向上したような気がします。

元々柔らかな毛質で、チリッとしてしまう毛質だったのに、ツルッとなりハリとコシがさらに出ました。

思ったよりも良い仕上がり感になった感じです。

『オラプレックス』使用でかなり負担のかかるメニューでも、今までより低ダメージで施述を行えるのと言うことは、これから負担が大きなメニューでも幅広いデザインを行えると言うことです。

すごく頼もしい薬剤です!

お次はパーマにも使ってみました。

80代のおばあちゃまでございます。

白髪スタイルの優雅なお客様で、髪に問題があるとすればやはりハリ・コシ・ツヤが無くなって来てる事かな?と思います。

ハリ・コシの無い髪にパーマをかけると、カールが垂れやすくボリュームも出にくく、クシュクシュとなって艶感もない感じになってしまう事があります。

カラーと同じように『オラプレックス』をパーマにも使ってみます。

ハリ・コシが出たためフワッと綺麗にボリュームが出て弾むような質感になりました!

前髪の立ち上がりもいつもより出たため、ボリュームが気になる年配の層の方にもおすすめです!自分でのお手入れも簡単になりそうです。

どうしても歳を取ると髪の艶感が無くなってしまったり、ハリやコシも失われがちになってしまいます。

また、白髪染めやパーマなども周期的にする事で、ダメージによりやはりツヤ・ハリ・コシを失い易くなってしまいます。

『オラプレックス』は見た目が大きく変わるような薬剤ではないですし、もしかしたらお客様には分かりづらい商品になってしまうかもしれません。

しかし、いつも髪を扱う美容師的な感覚からするともの凄い効果のある薬剤です。

実際に使ってみてお値段もさることながら、ハリウッド女優も使っていると言われると納得の薬効です。

今月中を目処にお客様に実験台になってもらって、この薬への知識や扱い方、また効果の検証を行い、僕自身が本当に良い薬剤だと思ったら今後、当店でメニュー化し行こうと考えています。

今のところ僕が思うには、白髪染めのお客様もおしゃれ染めの方も、パーマをかける方も髪への負担がかかる施述を受ける場合、毎回『オラプレックス』を使用していけば直ぐに変わることはないですが、半年後・1年後・2年後の髪の状態が大幅に変わってくると思います。

髪を美しく見せるためにはダメージの軽減が1番の方法です。

ダメージを軽減し、毛髪強度を高め、そして内部から補修できる『オラプレックス』の可能性を大いに感じることが今回の実験で出来ました!

これから、実験させて頂いたお客様がまた来店され、その時に髪がどうゆう状態になっているのかが楽しみです!

またこの『オラプレックス』についてブログに書いていく予定ですので、興味のある方はお楽しみと言うことで今回はここまで〜!

ではまたね〜!

#ヘアカラー #ご案内

141回の閲覧
Copyright (C) 2016 Hairdressers DAF All Rights Reserved